今年の箱根駅伝
d0162204_20581047.jpg


今年は帰省していたのでテレビで観戦しました。

野球やサッカーも然りですが、テレビは予備知識まで解説してくれるからいろいろわかりやすいと思いました。

こういう箱根とか走るランナーは高校時代から強くてスポーツ推薦で大学に入るのだろうな、と思っていましたが、一般入試で入る人もいるんですね。
「どうしてもこの大学のユニフォームを着て走りたい」と、一浪して入学する学生が居ることにも驚きました。

最初は意気込んで観ていましたが、やっぱりアレだ。
なんだか感情移入してしまって、だんだん息苦しくなってしまいました。(結局最後までみたけど)

ワタシ自身、趣味でランニングをしていることもあり、みんなかっこいいなー、なんて思ったけど。
翌日の朝の情報番組で、優勝した東洋大学の選手の「今一番やりたいこと」でほとんどの学生が。。。

AKBに会いたい、握手会に行きたい。

とパネルに書いているのをみて、普段は二十歳そこそこの普通の男の子なんだな、と何故か安心したり。
でも柏原くんは決してそんなこと書いてなかったり。(内容は失念)

ただ一緒に観戦していた父親が、
「なんでガイジンはニット帽かぶるんだ?」とか。
「この子の走りはあーだ、こーだ」とか。
いちいちうるさくて(ほとんど無視してましたが)、やっぱりひとりで観たいと思いました。
[PR]
by asacoot | 2012-01-09 21:31 | blog
<< 冬の朝の小学生的発想 抱負 >>



When real people fall down in life, they get right back up, and keep on running.
by asacoot
カテゴリ
全体
blog
フォロー中のブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
Keep your focus
another excite
twitter
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
画像一覧